蜻蛉の城 >> 人形の部屋 >> #31: 奈々子SOS(前編)

ブラウザのウィンドウを最大化してご覧ください。

画像上でカーソルを止めるとコメントが出ます。

能書き(?)はこちらです。


ハァハァ…!急げ急げ…!

僕は、街を忍者のようにササッと走り抜けていく。
目指すは神社裏の雑木林! ゴールは目前だ…!
…誰も、見てないよな…。ドキドキ…。よし! 

「あれ!? どうしたの?虫でも捕るの?」
「ぎゃあああ!!奈々子おお!!!」




「なんなのー? そんなに驚いて。」
「っと。。…フッ、すまないな美しいフロイライン 。私は先を急がねばならぬ。」
「わけわかんない。もうすぐに日が暮れるよー?迷子にならないでねー。」

この子は、奈々子。幼馴染ってやつだ。
半分は妹みたいなもんだが、結構かわいいので、かなり意識している。ヒヒヒ。
だが、今に限っては構っていられないのだ。

僕は、 薄暗い雑木林に足を踏み入れていった。
毎週ここに、とある物を捨ててゆく"ネ申 "がいるのだ!!。




おお〜♥ 今週も… エロ本あった!ありがたや〜!
今週はまた豪華だなぁ!
AV情報、グラビア系、お菓子系に、コミックまであるぞ!
…おや? この、月刊maro というのは? 
ナニナニ…ジュニアアイドル専門誌? ほうほう…。

トップバッターは「あまりに個性的なニューフェイス」ヱリカちゃんか…。
「スタッフをブチギレさせたので写真が少なめです」だと? 何だそれww




次は…おぉっ、くぇうぇいぃぬぁ(訳:かわいいなぁ)…ブヒヒ…。;^益^)
チヒロちゃんっていうのか〜。
おぽっ!なんという引き締まったケツ…ぐひひひ…。
これは陸上ブルマーかな〜!?

>[85UF760]ミズノスイムBASIC Vカットジュニア(120)ネイビー

Σ(; ロ)° °  男子の海パンじゃねーか!!

フヒヒ…月刊maro編集部マジでイカレてんなあw いいぞもっとやれww



「はぁ、はぁ…あー☆疲れたぁー。」                                      「いや〜ん♥汗かいちゃった☆」

ブーーー(;;~<~).:"*ーーッ!!

く、クラスメイトと同年代の女の子が、、こ、こんなエロい格好をさせられて…。
フヒヒ・・・。何とも背徳的でそそるよなぁ…。




ぐっへへふぇえ〜っ
ww たまらんケツだなw 
ほう…。伝説のハイレグブルマ、アシックスU-718J(130)か。逸品だな。
この恥ずかしそうな表情 がまたそそる…って、
こ、これは!? 奈々子!?
髪を染めてはいるが…。間違いない!




「恥づかしいよう…。」
ぎゃああああああ!!!な、なんて格好を撮ってるだァーっ!!
うらやましからん! …じゃなくてあああ、
けしからんけしからんけしからんゥ!!
児童・生徒を劣情の対象に云々(ry
月刊maroは発禁にすべきザマス!!!
いやいや、落ち着け俺!! 
問題ない。ただの写真だ。写真を撮るだけだ。…そう、なんだよ、な…?




「パンツまで着替えるのね…。…なんか視線を感じるような…。気のせい…よね…。」
「イッヒッヒ〜!! 男ならこれを覗かずに居られるかってんだ。役得役得ゥ!!」
「おい、早く替われよ」「うぁ〜たまんね〜」「先っちょヌルヌルだぜww」

も、妄想だ!!
か、仮にそんなことがあっても、、べ、別に実害はない…!!


「あーあ…。今回も、お偉いさんに犯られちまうのかなぁ」「まぁ普通はそうだよな。枕営業とか…。」




「フム…。まさしく妖精のようだ…。」
「あ…あの、社長? …きゃあ! な、何を…。」
「フッフッフ…。大丈夫だよ…。全て私に任せなさい」



「あんッ♥ ひあっ! いやぁッ♥吸っちゃ、らめれふぁ〜あんッッ♥」
「フフフ…だいぶ出来上がってきたようだね…。それでは…」

 ぐあああああ!!!なんだよ枕営業ってなんだよおおおおおお!!!




「ああ〜畜生!! 今度の奈々子ちゃんばかりは辛抱ならねえ!」
「そりゃ俺だって犯りてえよ〜!」
「俺達で先に…ヤっちまうか?」




「ああいうタイプは…。廻した写真 でも撮って脅しつけておけば…割と黙る」
「ヒャッハァ〜!!そいつはいいや!」「テンション上がってきたぁ!!」
「ザーメンでズルッズル にしてやろうぜぇー!!」




…いかん、僕は、何を考えているんだ…。
でも…。やっぱり止めさせなきゃ…。
あんな事を続けていたらいつかは…!
ああ…!奈々子…!
早く、何とかしないと… (続く)

蜻蛉の城 >> 人形の部屋 >> #31: 奈々子SOS(前編)
蜻蛉の城 バナー