ブラウザのウィンドウを最大化してご覧ください。

画像上でカーソルを止めるとコメントが出ます。


男たちの熱い視線を浴びながらプールサイドに腰掛ける彼女。 逞しい競泳選手達が通り掛かり…彼女はフォームを教えて欲しいと声を掛ける。 何かを熱く期待しながら見せ付け、誘惑する。 彼らは取り囲み、押し倒し、押さえつけ、こすりつける。 「どびるるるる!」幾人もの、熱い体液を浴び 満足の笑みを浮かべる。 「まだ終わらないぜ」 「おら、ケツ出せ」 「あああああ…」 彼女は、熱い蜜の感覚に陶酔し放心する。 そして彼らはついに、彼女の子宮に至ることを求めた。次々に。 そろそろ日が暮れる。余韻に浸っていた彼女は、むせかえる香りの染み込む水着を纏い直す。
戻る